住宅ローンはなるべく手数料の低い銀行を選ぶために

住宅ローンは高額になるものです。

 

住宅の取得費用もかかりますが、諸費用のほうがもっと掛かります。

 

金利は仕方がないにしても、手数料はなるべくかけたくないと思うのが普通だと思います。

 

一般的に住宅ローンの手数料は、3万円がほとんどです。

 

 

ですが、低金利競争の時代に入り、各行で事務料は低額になってきています。

 

金利を低くして競争するよりは、保証料や事務料を削減してサービスしたほうが、銀行側としていいからです。

 

ネット銀行系の場合には、既存の銀行のように、店舗や地盤があるわけではありませんので、保証料を0円にして、事務手数料を2%前後まで引き下げているところも珍しくはありません。

 

住宅ローンを組む場合には、不動産会社のほうでメガバンクのほうを進められると思います。

 

不動産会社も自社の取引先の兼ね合いでそうなっているのですが、長期ローンを考え、金利や諸費用も含め、料金の安いところを選んだほうがいいと思います。

 

住宅ローンの場合には、最長35年にも及ぶ、長期ローンになるのですから、諸費用といえども馬鹿にしてはいけません。

 

少しでも安く、低金利のローンを組むように心がけましょう。

 

 

ネットバンクはどうしても、店頭での相談がないので不安になりがちですが、売っている金融商品は同じものです。

 

eコマースの店舗型と無店舗型の差と同じで、売っている金融商品に差はありません。

 

ネットバンクでもメガバンクでも、結局は商品の質ということです。

 

 

住宅ローンの保証料について

住宅ローンを契約する際の諸費用の一つに保証料があります。

 

この金額は借入金額と借入期間、審査条件によって異なってきます。

 

支払いは住宅ローン実行時に全額支払うか、金利に上乗せして支払い方法があります。

 

実行時に一括して支払った場合、繰り上げ完済をしたときに一部が返ってくることがあります。

 

 

一方、金利に上乗せした場合は一括で支払った場合よりも支払い金額が多くなります。

 

審査条件によって異なるというのは、年収に対して年間支払金額が占める割合が高い場合など、返済、担保について厳しい条件があった場合、多く支払う場合があるということです。

 

ネット銀行では不要の住宅ローンもありますが、手数料として借入金額の内何パーセントか支払う必要がある場合がありますので、全く支払う必要がないというわけではありません。

 

保証料は万一契約者が払えなくなった場合、大勢の契約者から支払われたお金によって契約者に代わって金融機関に保証会社が返済するために使われます。

 

謂わば、生命保険と一緒の考え方です。

 

 

そして、保証会社が代わりに金融機関へ支払った後は、保証会社より契約者へ請求がきます。

 

保証料の支払いをせずに住宅ローンを組むことが出来ないかという考えが思い浮かびますが、普通のサラリーマンでは難しいです。

 

なぜなら、担保をつけた家が借入残高より高く売れる可能性が低いからです。

 

サラリーマンの資産といえば家と預貯金ぐらいですので全額回収はほぼ難しいでしょう。

 

保証人をつけていなければ回収の方法がなく、銀行は損をしてしまいます。

 

よって、銀行は必ず保証会社の保証の承諾があってこそ融資ができます。