住宅ローンを借りる際に注意したいのが金利です。

 

金利は変動と固定がありますが、どちらも1年でかなりの変動をすることが多く、借りるタイミングによってはトータルの借入額がとても多くなることもあります。

 

住宅ローンの金利の動向は主に政治と社会情勢が影響します。

 

そのため、確実に動向を読むことはとても難しいのですが、経済評論家や銀行の担当マンからの意見を聞きながら判断していくことになります。

 

 

住宅ローンを組む際には2つのことが大事になります。

 

1つは借り入れの額、2つ目は固定か変動かです。

 

借り入れの額については住宅の価格にもよりますが、頭金などをどの程度用意するかなど重要な観点が多数あります。

 

場合によっては住宅への予算を下げる必要が出てきます。

 

2つめは変動型か固定型かです。

 

長期のローンになりますので安定して返していくか、相場が下がることを見越して安く支払うことを期待するかになります。

 

また、ローンの借り換えを頭に入れて10年固定で借りる方も多くなっています。

 

 

特に借り換え前提でローンを組む場合は今の状況、生活スタイルによってローンの額面を変えていく方も増えています。

 

ローンを組む際には子供などへのお金が掛からないタイミングで行い、子供ができたり、生活スタイルに変化が出た時に借り換えで対応するという方々です。

 

何度も借り換えはできますが、条件がその都度変わってくるので柔軟な対応が求められますが、支払額をトータルで考えるには重要なことでもあります。