住宅の取得のために住宅ローンを組んだ場合、例えばローン開始時の固定金利から現在の金利が下がっているようなときには、ローンの借り換えを検討すると最終的な返済額を減らすことが出来るかもしれません。

 

一般に、ローンの変更というと別の銀行に乗り換えるイメージなのですが、その場合は当然新たに手数料なども掛かるので、その差額を考慮しておかないと、わざわざ手間を掛けてもそれほどローンの減額にはならない可能性もあります。

 

 

そこで、住宅ローンの借り換えを考えているのなら、今ローンを組んでいる同じ銀行に交渉してみるという方法もあります。

 

現在の銀行にとって住宅ローンの利用者は、他にも給与振込や公共料金の引き落としといった様々なサービスを利用してくれる顧客である場合が多く、そういった顧客を失うぐらいならと交渉に応じてくれるかもしれません。

 

その場合、乗り換えのときに必要な手数料などは他行に乗り換えるよりも安くなる場合が多いのです。

 

 

ローンの借り換えを検討するようなケースとしては、返済額の減額が出来るケースのほか、月々の負担を減らすためローンを延ばすというケースもあるかと思います。

 

とにかく銀行に相談して、見積もりを取ってもらうのがいいでしょう。

 

その場合、思い切って他行とも交渉してみて、その結果を踏まえて検討してもらう手もあります。

 

今後のライフプランにも大きな影響を及ぼす住宅ローンのことですので、じっくりと検討してみるのがいいでしょう。